趣味のページ ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

マグカップって、しまいにくくありませんか?

特に寒い時期は使用頻度が高いのに、取り出しやすい収納場所が意外と無い。

食器棚に収納すると、思いのほか場所を取って、他のものがしまえなかったり。

ということで、マグカップには、取っ手があることを利用して、ぶら下げてみることにしました。

マグカップは、見た目がオシャレなこともあるので、インテリアちっくになるかな、という狙いも込めて。

こんな感じです。

普通に見ると、ネットはそんなに目につきません。

空飛ぶマグカップ

1、材料

空飛ぶマグカップの材料

左から

1)洋灯(よーとー)

2)ネット

3)フック

※いずれも100円ショップで購入。

2、道具

1)電動ドリル

2)布

3)ペンチ

3、手順

1)流し灯の内枠4ヶ所に洋灯をねじ込むための下穴を開ける(電気ドリル使用)

・洋灯の太さより、やや細めに開ける。

2)洋灯を手でねじ込む

・最初はいいけど、固い時は、布をあてて、ペンチで回します。

3)ネットをかけ、フックをかける。

4、感想と反省

・嫁はぶら下げる収納が嫌いだった(泣)

・でも今では、猫の手の形をしたトングが下がっていたり、可愛らしくも機能的になってます。

・流し灯を交換する時は、ネットは、片方を上に持ち上げてずらすようにすれば外せます。

・軽くて、落ちても危なくない物を下げる分には、突っ張り棒でもいいように思います。

苺の里ブログでもこのことを記事にしています。「苺の里から行政書士日記 2010年4月26日」

   
© 柳行政書士事務所