報酬規程 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら

建設業・不動産業  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

建設業関連手続きの報酬規程

手続きの名称 報酬目安額 実費等 注意事項

建設業許可
『知事許可・新規』

120,000円~ 90,000円~ 要件をどのように満たすかで料金が異なります。
建設業許可
『知事許可・更新』
70,000円~ 50,000円~ 前回の許可の控え等をお持ちでない方は、+30,000円程度を見込んでください。
変更届
『営業年度終了』
30,000円~    
経営状況分析申請 30,000円~    
経営事項審査申請 100,000円~   評点シュミレーションを含みます。
変更届・分析・経審セット 150,000円~   上3つセットです。公共事業を受けられる方は、一般的にこのセットをご利用いただいています。
経審シュミレーション 12,000円~  

経審申請書に基づいてP点を試算します。

経審アドバイス 50,000円~  

何をすればどれぐらい上がるのかをアドバイスします。

入札資格審査申請 15,000円~    
建築士事務所登録
(新規・更新)
50,000円~ 一級
15,000円
二級・木造
10,000円
※栃木県の場合
更新は、前回の申請を当事務所にご依頼いただいていた場合は割引します。
面談相談料・最初の1時間 10,000円   依頼になった場合は着手金充当
面談相談料・延長30分につき 5,000円   依頼になった場合は着手金充当
メール相談料・最初の1回 無料   続けてメールを頂いた場合は、見積を返信します。
※許認可等別個の手続きが併せて発生する場合は、別料金となります。
※法律上、行政書士が行えない業務については、依頼人の承諾を得て、別料金で外注となります。
※見積の際は、調査料がかかる場合があります。
※着手金は、5万~10万円、報酬の5割、完全前金などの方法があります。
★よくかかる細かな実費
・会社謄本700円
・登記されていないことの証明書300円
・栃木県税事務所納税証明420円
・税務署納税証明400円
   
© 柳行政書士事務所