交通事故・自賠責 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
交通事故・自賠責
自賠責保険被害者請求
自賠責保険の支払基準
交通事故賠償(赤本基準)
交通事故の紛争処理機関
お知らせ
HPをリニューアルしました。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

交通事故の損害回復で、専門家を探そうとすると、色んな専門家がいて、迷ってしまうと思います。

特に、行政書士と弁護士が入り混じっていると思います。

行政書士が、交通事故に関わるのは『自賠責保険』への手続きとしてです。

弁護士が交通事故に関わるのは『加害者(保険会社)』に対しての交渉人としてです。

ですから、行政書士の交通事故業務は、自賠責保険への手続きで、後遺障害の適正な認定を受けようとするものが中心になります。

弁護士の交通事故業務は、示談金の金額を上げようとするものが中心になります。
もちろん、弁護士の場合は、訴訟も視野に入ります。

あなたのお悩みに応じて、専門家を選ぶとよいのかなと思います。

これから症状固定や、後遺障害認定をと思えば、まずは行政書士を訪ねてみるといいと思います。

後遺障害など無い、もしくは、すでに認められている、物損のみの事故、過失割合の主張に大きな隔たりがある、最初から裁判する気マンマンの場合などは、弁護士が良いのかなと思います。

   
© 柳行政書士事務所