回送運行・ディーラーナンバー ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
物流・旅客・タクシー
一般貨物特定貨物
第一種利用運送第二種
軽貨物倉庫業信書便
回送運行
お知らせ
このサイトは更新中です。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

販売目的の回送運行必要書類は次の通りです。

明確にされている必要書類の他、そう、他に求められる書類が実は大変です。

新規許可申請時

1、商業登記簿の謄本又は住民票
2、運転者等に対する法令関係研修の実施計画
3、社内取扱内規を記載した書面
4、管理責任者等の営業所への配置計画
5、販売を業とすることの書面(新車、中古車、輸入車などで異なります)
6、最近3ヶ月の販売の実績(地域によっては6ヶ月)
7、古物手帳の写し(原本を提示が求められることも)
8、事業所の写真(外観・内部・ナンバー保管庫)
9、事業所の地図
10、場合によってはその他
※個人の場合は、業務内容がわかるように、確定申告書の写し等が求められることがあります。
正副2部が必要で、1部は受理印を押され、申請者控えとして返されます。
副は、すべてコピーで大丈夫です。

各運輸支局、検査登録事務所によって扱いが異なるので、必ず事前に確認してください。

上記の許可を受けてから、その許可期間の範囲内において、11月末日を節目として、1ヶ月~12ヶ月(1年)で番号標(ナンバー)を借りることになります。
その際に、番号標(ナンバー)ごとに、その期間分の収入印紙と、自賠責保険が必要になります。
借りられる番号標の組数の上限は、販売実績によって異なります。

   
© 柳行政書士事務所