自動車リサイクル法 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
リサイクル関連
産廃収集運搬積替保管
産廃中間処理最終処分
自動車引取フロン解体
破砕古物営業
お知らせ
建設業者さん、解体業者さん、工事等で出た産業廃棄物を300㎡以上の場所で自社保管する際にも、知事への届出が必要になりました。
栃木県と宇都宮市で収集運搬を行う際は、栃木県のみの許可でよくなりました。これに伴い、法改正(平成23年4月1日)前から両方の許可を持っていた方は、宇都宮市は失効となります。詳しくは栃木県庁宇都宮市にご確認ください。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

一般的に、自動車解体業許可申請の場合は、

1、事前協議

2、許可申請

となることから、事前協議と、許可申請で必要になる書類を掲載しておきます。

どちらも正本1部・副本2部必要で、副本の1部は受理印を押されて返されます。(自治体によって数が違うことあり)

事前協議で、必要な書類の一例(栃木県の例)

□解体業許可申請に係る事前協議書(別記様式1号)

□解体業及び破砕業の許可申請に係る事前協議書(別記様式8号)

□関係法令等調整結果報告書(別記様式3号) 協議中でも途中経過を記載

□付近の見取図等

□位置図 1/1万~2万5千、縮尺記載、位置朱書

□付近の見取り図 敷地境界(杭等の位置を記入)縮尺記載。住宅地図の写しを利用可。

□周辺の建築物等の位置、公共施設位置図

□河川、道路等の位置図

□施設構造の図面等

平面図保管場所、解体作業場の立面図、断面図、構造図(床面、囲い、建物、油水分離槽等)

□設計計算書 施設の能力。保管能力計算書、油水分離装置のカタログか能力計算書

□所有権(使用権原)を証する書類

土地の登記簿謄本、使用権原のみを有する場合は、使用貸借又は賃貸借契約書の写し。建物の登記簿謄本、使用権原のみを有する場合は、使用貸借又は賃貸借契約書の写し

□標準作業書

□事業計画書及び収支見積書(様式1)

□その他書類が必要な場合あり。

許可申請で必要な書類の一例

1、申請書記載事項

2、施設の所有権(又は使用権原)の証明書(登記簿謄本等)

3、事業計画書

4、収支見積書

5、申請人が個人の場合には住民票の写し(又は外国人登録証明書)と登記事項証明書

6、申請者が法人の場合には、定款又は寄付行為と登記簿謄本

7、役員の住民票の写し(又は外国人登録証明書)と登記事項証明書

8、発行済み株式総数又は出資総額の100分の5以上を占める者の株式数または出資額、住民票の写し(又は外国人登録証明書)と登記事項証明書

9、本支店の代表者や契約締結権限のある使用人の住民票の写し(又は外国人登録証明書)と登記事項証明書

10、申請者が未成年の場合には、法定代理人の住民票の写し(又は外国人登録証明書)と登記事項証明書

11、欠格事由に該当しないことを誓約する誓約書

▲ このページの先頭へ

   
© 柳行政書士事務所