在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
平成30年12月8日,第197回国会(臨時会)において「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が成立し,同月14日に公布されました(平成30年法律第102号)。 この改正法は,在留資格「特定技能1号」「特定技能2号」の創設,出入国在留管理庁の設置等を内容とするものです。 特定技能の詳細はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

帰化に必要な書類

帰化に必要な書類には、法務局で用紙をもらい、こちらで作成するもの、日本国内で収集するもの、自分で用意するもの、外国や、大使館、領事館から取り寄せるものがあります。  ここで挙げるのは一例であり、帰化許可申請者の国籍、生い立ち、境遇によって必要な書類は違いますので、事前に法務局で打ち合わせをしてください。

法務局で用紙をもらい、こちらで作成するもの
1 帰化許可申請書
2 帰化の動機書
3 履歴書
4 宣誓書
5 親族の概要を記載した書面
6 生計の概要を記載した書面
7 事業の概要を記載した書面
8 自宅勤務先等付近の略図
9 在勤及び給与証明書(勤め先に記入してもらいます)

日本国内で収集するもの
戸籍謄本
住民票
外国人登録原票記載事項証明書(過去の居住歴等の記載のあるもの)
納税証明書
出生届、死亡届、離婚届、養子縁組届、認知届、親権者の変更届等の写し、記載事項証明書または受理証明書
裁判書、審判書、調停調書の謄本
会社の登記簿謄本
運転記録証明書
※ 日本国内で収集する書類は、外国や、大使館、領事館から取り寄せる書類が揃ってから収集して下さい。日本国内で収集する書類は発行から3ヶ月経ってしまうと、帰化許可申請に使えなくなるからです。
日本国内で収集する書類を早くから集め、外国や大使館、領事館から取り寄せる書類が届くのが遅く、日本国内で収集する書類を集めなおすことになる、というケースが多く見受けられます。

自分で用意するもの
最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書
預貯金の現在高証明書(通帳のコピーでよい場合有)
有価証券保有証明書
不動産登記簿謄本
貸借対照表、損益計算書の写し
自動車運転免許証などの技能資格証明書の写し
確定申告書控えの写し
事業に対する許認可証の写し
スナップ写真
外国や、大使館、領事館から取り寄せるもの。
出生証明や戸籍謄本など
国籍証明書、国籍の離脱または喪失証明書、旅券
婚姻証明書、親子関係証明書
裁判書、審判書、調停調書の謄本
外国から書類を取り寄せたときの封筒

   
© 柳行政書士事務所