在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
在留申請の様式が変更になっています。特に平成27年4月以降に入国予定の方は注意してください。→認定証交付申請書はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

国際結婚は入口から大変です

国際結婚と言えば、日本人と外国人の結婚を思い浮かべがちですが、ここでは、外国人同士の結婚についても、まとめて説明していきます。

日本人同士の結婚の場合は、日本の戸籍制度のおかげもあって、結婚(婚姻)の手続きは、比較的簡便ですよね。

それは、日本の制度によって、少なくとも日本に役所には、その人が結婚できる人であるとか、日本人であるとかが確認できるからこそ、可能なこと。

これが外国人だった場合は・・・。

その人がどこの国の人なのか、本人が言うだけで無くて、公的な何かで証明されなければなりません。

結婚できる人かどうかも、年齢や、独身なのかどうかの証明が必要です。

そういった事情から、国際結婚の場合は、そもそもの婚姻の手続きが、日本人同士の場合と比べて煩雑です。

そして、結婚したから、日本で暮らしていいよ、ということにはならず、入国管理局から俗に『結婚ビザ』と呼ばれる在留資格を認められることが必要です。

そこでは、大きなお世話かも知れませんが、日本人同士の結婚でさえ継続が困難な昨今、文化の違いはもちろん、経済的な問題も含めてやっていけるのかどうかも審査の対象になります。
複雑な手続きを、できるだけ簡便に説明していきます。

   
© 柳行政書士事務所