交通事故・自賠責 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
交通事故・自賠責
自賠責保険被害者請求
自賠責保険の支払基準
交通事故賠償(赤本基準)
交通事故の紛争処理機関
お知らせ
HPをリニューアルしました。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

裁判所の手続きは、何も訴訟(裁判)ばかりではありません。

相手方と話し合いをする方法も設けられており、それを『民事調停』といいます。

話し合いの内容等に不満がある場合は、調停は不成立(流れるといいます)になります。

全く出席しないことも可能です。

そうして不成立になった場合は、和解もしくは、訴訟へと流れていくことになります。

ただし、調停が不成立だからといって、強制的に訴訟になるわけではありません。

不成立の可能性がある制度な上、特に訴訟する体力を持っている保険会社が相手の場合は、不成立の可能性は高いし、訴訟に持ち込まれてしまうことがあるので、それが大丈夫な人以外は、紛争処理センター等の利用がいいのかなと思います。

   
© 柳行政書士事務所