在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
在留申請の様式が変更になっています。特に平成27年4月以降に入国予定の方は注意してください。→認定証交付申請書はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

在留カードは、このカードを作られる人が限定されています。
(外国人登録カードは、望めば誰でも作れた)

この在留カードが作られる人のことを「中長期在留者」と呼んでいます。

あちこちでは「~に当てはまらない人」って説明をされていますが、個人的にわかりにくいので(笑)、好きな言い方で説明します。

1、中長期って言うくらいなので
1)3月以下の在留期間の人は在留カードが作れません。
2)短期滞在の人も、在留カードは作れません。

2、入国管理局の管理制度なので、外務省管理となる「外交」「公用」の在留資格の人は在留カードは作れません。

3、上記に準ずるものというのが、法務省令で定められていて、そういう人も在留カードは作れません。
※ちなみに、法務省令には、「特定活動」の在留資格が決定された、亜東関係協会の本邦の事務所(駐日台北経済文化代表事務所、同横浜支所、同那覇支所、同札幌支所、台北経済文化大阪事務所及び同福岡支所)若しくは駐日パレスチナ総代表部の職員又はその家族の方が定められています。

4、特別永住者は、在留カードではなく、「特別永住者証明書」が市区町村役場から発行されるので、在留カードは作れません。

5、在留資格が無い人は、在留カードは作れません。

この制度が始まってから、「外国人登録カード持ってるけど、在留カードは作れない人なんだけど」って人は、7月9日から、3ヶ月以内に、入国管理局に、カードを返さなければならないようです。

   
© 柳行政書士事務所