離婚 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
離婚・男女間トラブル
離婚
お知らせ
ホームページをリニューアルしました。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

離婚の方法の種類

離婚の方法には4種類あります。

それは、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚です。

協議離婚

夫婦の合意があれば成立します。協議内容を離婚協議書にまとめますが、それを、公正証書にすると安心です。

調停離婚

家庭裁判所で行われる調停によって、離婚の合意へと導くものをいいます。
裁判所が何かを決めるのではなく、あくまで、調停委員に間に入ってもらって、話し合いを行い、お互いに納得のいく離婚を成立させるという方法です。
あくまで二人の話し合いなので、調停委員が、別れた方がいいよ、とか、別れない方がいいよ、とか、そういうアドバイスをすることはありません。
調停中にそういうアドバイスが欲しくなった場合は、行政書士や、弁護士といった専門家に 相談すると、今提示されている条件が自分に有利なのか、不利なのかなどのアドバイスをう けることができるでしょう。

審判離婚

調停での話し合いが不調に終わった場合でも、その調停での話し合いの結果を生かしながら、家庭裁判所が職権で審判を行います。この審判に不服がある場合、異議を申し立てるこ とができます。

裁判離婚

協議がまとまらず、調停もうまくいかなかった場合に裁判所の判決を得て、離婚を決定する方法です。
いきなり裁判離婚をすることはできず、調停前置主義といって、まず、調停を行っ ている必要があります。
また、裁判離婚が成立するためには、法定の離婚原因の存在が必要になります。

   
© 柳行政書士事務所