趣味のページ ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

娘に好評だった「カルボナーラ」

嫁の好物でもあります。

1、特徴

  • 全卵で作れる。
  • 生クリームが要らない。
  • 私の実力で調理時間は30分ちょっと(慣れてる方は2/3~1/2でできるでしょう)。

2、材料(一人分)

  • パスタ 100g
  • ベーコン 1~2枚(厚切りが望ましい。ブロックだと40g/人位)
  • 玉ねぎ 1/4~1/2個(娘は嫌いなので1/4)
  • 卵 1個
  • チーズ(溶けない物) 36g(スライスチーズなら2枚)
    ※スライスチーズは18g/枚、ベビーチーズは15g/個
  • 牛乳 適量
  • コンソメ 半分
  • オリーブ油 適量
  • 塩 適量
  • 黒こしょう 適量

3、作り方

1)パスタのために鍋を火にかけ、湯を沸かす。

2)材料を仕込む。

・玉ねぎは縦に半分に切って、切った面を下にして縦に切り、バラバラにする。

・コンソメは砕いておく。

・チーズは切っておく(スライスチーズならちぎってもよし)。

3)沸いた湯に麺を投入。

4)フライパンを熱しオリーブ油を引く。ベーコンと玉ねぎを炒める。

・油がフライパンを傾けて水みたいに流れるレベルで炒めはじめる。

・玉ねぎはアメ色までは不要。

・ベーコンにちょっと焦げ目が付くくらいが目印。

・2分弱位。

5)フライパンの底に行きわたる程度の牛乳を加える。

・後の卵で水分が増すので少なめに(好みによる)。

6)チーズを加え、かき混ぜながらチーズを溶かす。

・1分あれば溶ける。

7)コンソメを加える。

8)塩コショウする。

9)パスタはまだゆであがり時間に満たないと思うので、そしたらソースは弱火で待機。

10)ゆであがったパスタをフライパンでソースと絡めて火は止める。

11)ソースと絡めたパスタを常温のボールに移して卵と絡める。

※ボールの底が持てないくらい熱くなってきたら卵が固まり始める前に皿に盛りつける。

4、注意と反省

1)とろけるチーズは実は液体レベルには溶けないからダメ。

2)火からおろしたフライパンと言えども、フライパンの余熱で卵はみるみる固まる。必ずボールで。

3)ベーコン、あまり厚切りだと、女性には重いらしい(笑)。

   
© 柳行政書士事務所