趣味のページ ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

1、特徴

・超簡単。

・我が家は、火はしっかりめに通します。

2、材料

1)肉

・牛固まり肉 500g

・玉ねぎ 1ヶ

2)下ごしらえ

・クレイジーソルト(又は塩・こしょう) 適量

・チューブにんにく 適量

3)たれ

・赤ワイン 50cc

・酢 50cc

・しょうゆ 50cc

・顆粒こんぶだし 小さじ1

4)その他

・玉ねぎ 1ヶ

・アボカド 半分

・ガーリックパウダー 適量

・塩 適量

・マヨネーズ 適量

・パン 適量

・チーズ 適量

・レタス 適量

3、作り方

1)肉を常温に戻す

・冬は3時間以上放置。夏はもっと短く。

2)牛固まり肉にクレイジーソルト、にんにくをすり込む。

3)玉ねぎを薄くスライスして、水にさらす。

4)熱したフライパンで2)の肉を焼く。焦げ目が付くまで。

5)4)を200°に予熱したオーブンで9分焼く。

6)肉を焼いてたフライパンの汚れを取り、たれの材料を全て入れて一度沸騰させる。

7)沸騰したら火をとめ、水を切った玉ねぎを入れてひと混ぜ。粗熱が取れるまで放置。

8)オーブンの肉も、フライパンのたれも、粗熱が取れるまで放置。

9)粗熱が取れたら、ジップロックに肉、たれ、玉ねぎを入れて、空気は抜いて3時間寝かせる。場合によっては食べる前日に作っておいて寝かせる。

10)薄く切っていただきます。

その他の

・アボカド

・ガーリックパウダー

・塩

・マヨネーズ

は、アボカドは潰して、その他を入れてまぜまぜします。

横に切れ目を入れたパン(食パン可)にレタス、チーズ、ローストビーフ、漬けた玉ねぎ、そしてアボカドディップを挟んでいただきます。

4、注意と反省

・我が家はたくさんたべるので、肉は1~1.5㎏使います。すると、タレはレシピの2倍の量(それぞれ100cc)使います。玉ねぎ2個にするときは、タレは3倍必要になります。

・アボカドはすぐに悪くなるので、食べきる様に。冷凍できるかどうかは謎。

・アボカド、ガーリックパウダー、塩、マヨネーズは、このローストビーフを翌朝、パンに挟んで食べる用です。いつも目分量。

・パンは、プライムマートのパンコーナーにあるもっちりした丸いパンがおススメ。

・レアが好きな人は、オーブンで焼く際、時間は8分にして、焼けたら、すぐにオーブンから出して冷ましてください。

・外国産の安い肉の時は、まいたけと水に漬けておくと、やたら柔らかくなります。30分漬けるとぐにゃって扱いに困るほど柔らかくなりますが、焼くとそこまでじゃなくなります(笑)。

・和牛で作るとすごく柔らかくできますが、肉や人によっては脂が重いかも。噛み切れるので、パンには和牛が合います。

・クックパッドを参考にしています。こちら

   
© 柳行政書士事務所