成年後見 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
相続・遺言・後見・福祉
遺言
相続
遺留分減殺請求
成年後見制度
お知らせ
平成27年1月1日から、改正された相続税法が適用されます。詳しくは、こちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

成年後見人等がその事務を遂行するにあたり、事前に家庭裁判所の許可が必要な事務とはなんでしょうか。

・居住用不動産処分の許可

本人が居住するための建物または敷地(現在住んでいる場合だけでなく、現在生活している施設等を出た時に住むべきものを含む)について、売却、賃貸借、抵当権設定等をする場合には、事前に、「居住用不動産の処分許可の申立て」が必要です。

・特別代理人(臨時保佐人、臨時補助人)の選任の申立て

本人と成年後見人等の利益が相反する場合(利益相反行為といいます)は、事前に、「特別代理人(臨時保佐人、臨時補助人)の選任の申立てが必要です。
※利益相反行為とは
例えば、本人と成年後見人等がいずれも相続人である場合(本人と成年後見人等が兄弟で、亡くなった親についての遺産分割協議をする場合など)や、成年後見人等が本人名義の不動産を買い取る場合などです。

・その他、許可に当てはまらない事務であっても、収支予定にない収入や支出、金額が高額になるものは、事前に家庭裁判所への相談、伺いをしておいた方が万全です。

   
© 柳行政書士事務所