成年後見 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
相続・遺言・後見・福祉
遺言
相続
遺留分減殺請求
成年後見制度
お知らせ
平成27年1月1日から、改正された相続税法が適用されます。詳しくは、こちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

任意後見制度には、いつから財産管理等をお願いするかによって、3つの種類があります。

・即効型

任意後見契約後、すぐに契約内容が開始され、任意後見が始まります。
しかし、任意後見契約締結の際に、意思能力に疑問のある人については、本人保護および契約締結能力の存否をめぐる困難な紛争を避ける見地から、できる限り法定後見を選択すべきでしょう。

・将来型

任意後見契約後、判断能力が低下した時に申立てをし、任意後見が始まります。
これが、一番、任意後見らしい形です。

・移行型

任意後見契約の他、財産管理委任契約を結んでおき、判断能力が低下する前は委任契約、低下後は任意後見契約を発効する契約を結びます。

   
© 柳行政書士事務所