豆知識 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
他サービス・豆知識
ホームページ作成
Word・Excelシート作成
弔事障がい高齢
役所資料
お知らせ
このサイトは更新中です。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

喪服と呼ばれ、誰もが黒い服装を連想しますよね。

実は、正式なものと、略式的なものがあります。

遺族や近親の人は正式な礼装になります。

そうでない人は、本来、略式な礼装、もしくは、地味な平服でもOKのはずです。

遺族や近親以外の人は「突然の不幸に準備もまなならぬまま、取り急ぎ参加」するものだからと思います。

ただし、最近は、平服で参加する人はあまり見受けられなくなりました。

そうなっちゃうと、平服が目立ち過ぎるから、みんな礼服になりますよね。

正式なものと略式的なものの境もあいまいになってきていますので、注意点をまとめておきます。

女性の洋装

黒無地のオーソドックスなワンピース、スーツ、アンサンブルが基本となります。

ジャケットにパンツという組み合わせもいいですが、カジュアルにならないように気を付けます。

透けたり、光沢のある素材は避けるようにします。

襟元はつめたデザインで、そでは長め、スカート丈は正座した時にひざが隠れる程度にしましょう。

ボタンも、光沢を避け、布でくるまれたようなボタンにしたりします。

ストッキングをはく時は黒。柄ものは避けます。

タイツはカジュアルになるので避けます。

靴は布製が基本です。

しかし、革製でも光沢がなく、金具などの飾りがなければ可です。

ヒールのあるパンプスがいいでしょう。

女性の和装

正式には黒無地染め抜き五つ紋つきです。

遺族や近親者で無ければ、地味な色の一つ紋、三つ紋でいいでしょう。

帯はどちらにしても黒です。

地紋はあっても構いません。

結び方はお太鼓を小さく、帯締めの端は下向きにして、帯留めは付けないようにします。

半えり、たびは白。

草履は、黒の布製が基本です。

女性の小物

バックはシンプルな布製か、光沢のない革製にしましょう。

爬虫類は不可。命が失われた席ですから、殺生っぽいのは・・・ね。

手さげタイプで。

アクセサリーは、一つだけ付けます。

ネックレスなら、真珠や黒真珠、光沢のないブラックオニキスなどで、一連のものにします。

イヤリングなら一粒タイプに。

華美を避けるばかりでなく、重なる、ダブるような状態を弔事では嫌うからです。

香水は避けましょう。

男性の洋装

正式にはモーニングコートがありますが、現在では、ブラックスーツ、ダークスーツ(グレー、濃紺)が一般的になっています。

一周忌より後は、ダークスーツが好ましいようです。

ネクタイは黒で、タイピンはつけません。

とりあえずの弔問、三回忌以降は、地味な色合いのものにしましょう。

カフスボタンを付ける時は、光るものは避けましょう。

靴下は黒ですね。

ハンカチは白無地にします。

男性の和装

男性は、あまり、和装はしません。

そもそも、ブラックスーツが、日本独自の礼服なので、半分、和装といえなくもなく。

ブラックスーツって、他のスーツと違って、染め方が和式なので、クリーニング料金も、他のスーツと違いますよね。

しっかり和装なら、黒羽二重染め抜き五つ紋の着物と羽織に、仙台平の袴、角帯。

子供の装い

学校の制服があれば、それが礼装になります。

制服のない場合は、地味な服に喪章を付けます。

喪章というのは、喪服には付けないもので、こういった、喪服が用意できない時に使うんですね。

   
© 柳行政書士事務所