豆知識 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
他サービス・豆知識
ホームページ作成
Word・Excelシート作成
弔事障がい高齢
役所資料
お知らせ
このサイトは更新中です。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

お悔やみで気を付けたい忌み言葉。

故人の死因や病状について、あれこれ聞くのも失礼ですが、使わない方がいい言葉があります。

1、重ね言葉

重ね重ね、重々、いよいよ、再三再四、たびたび、またまた、ますます、かえすがえすも、など。

不幸が重ならないように、こういった言葉は避けます。

かえすがえすも残念です、は、本当に残念でなりません、などに変えましょう。

2、続くことを連想させる言葉

再び、続く、なお、追って、など。

3、直接的な表現

死ぬ、死去、死亡、生きる、存命中、など。

死ぬ、死去、死亡→ご逝去 存命中→ご生前に。

4、オーバーな表現

とんでもないこと、浮かばれない、など。

5、音が不吉な言葉

四、九、など。

6、宗教によって、使わない言葉。

冥福、供養、成仏、往生は、仏教用語。

キリスト教式の時は、哀悼、お悔やみも使いません。

   
© 柳行政書士事務所