遺言・相続 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
相続・遺言・後見・福祉
遺言
相続
遺留分減殺請求
成年後見制度
お知らせ
平成27年1月1日から、改正された相続税法が適用されます。詳しくは、こちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

遺言書がないか、確認しておきましょう。

もしあったら、勝手に開けたりせず、家庭裁判所の検認を受けます。
遺言書は勝手に開けてはいけません
遺言書を見つけたら、勝手に開けたり、遺言書の内容を実行してはいけません。
5万円以下の過料(犯罪には数えられない反則金)に処せられることがあります。
場合によってはあらぬ疑いをかけられて、相続が出来なくなるかもしれません(相続欠格)。
遺言書が、封筒に入っているとも限らないので、それほど厳格ではないのですが、遺族間の疑心暗鬼のもとになりますので、こっそり中身を見てしまうのは、あまりお勧めしません。

「遺言書の検認」とは遺言の存在を明らかにして、偽造や変造を防ぐためのものです。
ですから、家庭裁判所で、相続人や、利害関係者(その遺言の内容によって、得したり、損したりする人)の立会いのもと、遺言書の内容を確認しなければなりません。
遺言書が公正証書遺言のときには、検認は必要ありません。

   
© 柳行政書士事務所