在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
在留申請の様式が変更になっています。特に平成27年4月以降に入国予定の方は注意してください。→認定証交付申請書はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請(ビザ更新)・Extension of Period of Stay

現に許可されている在留資格で、期限後も引き続き日本に在留をするには、入管へ「在留期間更新許可申請」をする必要があります。

更新をせずに期限が過ぎると、たとえ数日間であってもオーバーステイになってしまいます。

更新許可申請をしていれば、申請中に在留期限が過ぎてもオーバーステイにはなりませんが、在留期限の1ヶ月から10日前位までに、手続きをしましょう(3ヶ月前から申請可能で、特別の事情があれば、それより前に申請することも可能です。)。

更新の際、前回よりも長い在留期間を希望することも可能です。(1年を3年または5年など)

ただし、認められるかどうかは別問題です。

申請は、本人が行うのが原則ですが、特定の場合、例えば本人が16歳未満の場合には家族による代理申請が認められます。

また、申請取次行政書士が、申請者に代わって申請することも可能です。
この場合、申請者は原則として入管へ出頭する必要はありません。

   
© 柳行政書士事務所