在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
在留申請の様式が変更になっています。特に平成27年4月以降に入国予定の方は注意してください。→認定証交付申請書はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

在留特別許可・Special Cases of Determination by the Minister of Justice
(オーバーステイなどの不法滞在中に日本人と結婚、日本人の実子を出産等)

入管法第50条で、「法務大臣は、その外国人が退去強制事由に該当すると認定する場合であっても、その者の諸般の事情を考慮して、在留を特別に許可することができる」となっています。

つまりこれは、法務大臣が決定する特例措置です。

在留特別許可は退去強制手続きの一環として行われるものであって、在留特別許可という特別の申請手続きがあるわけではありません。

在留特別許可は、日本人の配偶者等や永住者の配偶者等のビザに該当する人、日本人実子を監護・養育する者などに認められるのですが、これらに該当するからといって必ず認められるわけではありません。

オーバーステイ等不法滞在中に、自首し、退去強制と背中合わせになりながらする手続きですので、簡単ではありません。

十分な資料と、熱意が必要です。

   
© 柳行政書士事務所