在留資格・VISA・国籍 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
ビザ・在留資格・国籍
在留資格(ビザ)とは
短期・定住者・特定活動
外国人の就労入管手続
国際結婚と子在特上特
在留カード帰化
お知らせ
在留申請の様式が変更になっています。特に平成27年4月以降に入国予定の方は注意してください。→認定証交付申請書はこちら
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

在留特別許可とは

在留特別許可とは、本来、在留が許されない(外国に帰らなければいけない)在日外国人が、特別の事情により、在留を許されようとする手続きを言います。

特別の事情とは、特に『人道的な事情』を指し、単に日本で働きたいなどという事情では許されません。
そういう事情の場合は、自主的に帰国し、上陸拒否期間が過ぎてから、認定の手続きを取ることとなります。

人道的な事情は、主に、身分的なものを指し、婚姻や親子関係に基づく事情となります。

この手続きは、引き続きの在留を許されようとする外国人の置かれている事情によって、手続きが大きく異なります。

どのような人道的事情があるのか。

そもそも、在留が許されない事情は何なのか。単なるオーバーステイなのか。不法入国なのか。犯罪なのか。いろんな事情が絡みあっているのか。

もちろん、人道的事情が真実であり、事情ゆえの実態が事実であることが必要です。

ここでは、その『在留特別許可』の説明をしてゆきます。

単に永住者が外国で再入国許可期限を超過した場合などの在留特別許可については、ここでは触れません。

   
© 柳行政書士事務所