会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

建設業許可は、金額を基準に、一定規模以上の工事を請け負おうとする建設業者さんが取得しなければならない許認可です。

それだけの規模の工事を引き受ける能力があるかどうかを推し量るため、様々な基準が設けられています。

工事の種類によっては、公共事業の入札に参加できることもあり、その場合は、経審によって、さらに、事業者の力がいろいろな点数に置き換えられ、評価され、それに基づき、国や自治体にランク付けされます。

この建設業許可を得ていることで、大きな工事を引き受けることができる会社や事業主であることがわかるため、他社からの外注が受けやすいほか、銀行の融資を引き受ける際も、有利な材料になります。

当行政書士事務所では、許可取得から、各種変更届、公共事業受注に必要な手続きのお手伝いをしています。

▲ このページの先頭へ

根拠法令 建設業法
申請窓口 許可権者:知事・国土交通大臣
受付窓口:各地方整備局、都道府県出先機関等
費用 大臣許可
新規、許可換え新規、般・特新規 15万円
業種追加・更新 5万円
知事許可
新規、許可換え新規、般・特新規 9万円
業種追加・更新 5万円
その他 参考リンク集
建設業・不動産業Q&A
報酬目安表

※組み合わせで許可を取得すると、合算で実費がかかります。

   
© 柳行政書士事務所