報酬規程 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

サービス・小売・飲食の報酬規程

手続きの名称 報酬目安額 実費等 注意事項
飲食店営業 40,000円~ 16,000円位 複数の飲食業を依頼されますと、割引があります。
風俗営業<スナックなどの社交飲食店・料理店> 200,000円~ 27,000円位 飲食店営業を含みます。(実費は含んでません。)
風俗営業<まーじゃん店> 200,000円~ 27,000円位  
風俗営業<ラブホテル・モーテル> 部屋数等による   現在は休止中です
旅館営業 232,000円~   飲食店営業・消防を含みます。(実費は含んでません。)
旅行業・第1種新規 260,000円~ 90,000円位  
旅行業・第2種、第3種新規 160,000円~   実費は自治体により異なります。
旅行業者代理業 160,000円~   実費は自治体により異なります。
タバコ販売許可 150,000円~    
酒類販売 220,000円~    
自動車運転代行業 100,000円~    
自動車有償貸渡事業(レンタカー) 60,000円~ 90,000円位  
面談相談料・最初の1時間 10,000円   依頼になった場合は着手金充当
面談相談料・延長30分につき 5,000円   依頼になった場合は着手金充当
メール相談料・最初の1回 無料   続けてメールを頂いた場合は、見積を返信します。
※許認可等別個の手続きが併せて発生する場合は、別料金となります。
※法律上、行政書士が行えない業務については、依頼人の承諾を得て、別料金で外注となります。
※見積の際は、調査料がかかる場合があります。
※着手金は、5万~10万円、報酬の5割、完全前金などの方法があります。
   
© 柳行政書士事務所