交通事故・自賠責 ブログ苺の里から行政書士日記 お問い合わせはこちら
交通事故・自賠責
自賠責保険被害者請求
自賠責保険の支払基準
交通事故賠償(赤本基準)
交通事故の紛争処理機関
お知らせ
HPをリニューアルしました。
住所栃木県真岡市亀山2215-3
電話0285-84-2620
メールkikuマークg-shoshi.com 
暗号化フォームへ
柳行政書士事務所

建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

交通事故の相談でよくあるのが、

『整骨院(接骨院)に通いたい』

と言うものです。

一般的には『医師の指導』のもと、通うべきといわれますが、相手側保険会社に整骨院を使用したい旨を告げ、承諾が得られれば、治療費においては問題はおきないでしょう。

ただし。

自由診療に客に逃げられた医師の心情はどうでしょうか。

将来、後遺障害の可能性があるのであれば、医師との関係は良好に保つ必要があります。

そうであるなら、医師にも一言あるべきです。

そして、整骨院は、医師ではないので、診断書が書けません。

そう、『後遺障害診断書』も書けないのです。

整骨院に行きっぱなしで、まるっきり病院にかかることがないような通院の仕方をすると、医師が治療経過がわからないことを理由に『後遺障害診断書』を書いてくれないということになりかねません。

整骨院利用を開始しても、ある程度は、病院で医師の診断を受けるようにした方がよいでしょう。

   
© 柳行政書士事務所