建設業・不動産業  

   

会社の設立と運営  

   

離婚・男女間トラブル  

   

消費者保護  

   

自動車  

   

知的財産  

   

1、特徴

  • 卵白が余ります。
  • カスタードが少し重いですが、フルーツとは良く合います。

2、材料

1)タルト

  • バター 60g
  • グラニュー糖 40g
  • 卵黄 L1個
  • 薄力粉 120g
  • アーモンドプードル 20g
  • バニラエッセンス 数滴

2)チーズカスタード

  • クリームチーズ 100g(108gのを買うと一番無駄がない)
  • グラニュー糖 40g
  • 卵黄 L2個
  • 薄力粉 20g
  • 牛乳 200g
  • バニラビーンズ 1/2本
  • キルシュ 小さじ1(我が家では省略)

3)ホイップクリーム

  • 生クリーム 50g(本当は脂肪分40程度のを使いたい。無ければ45)
  • グラニュー糖 5g
  • ブランデー 小さじ1(我が家では省略)

3、作り方

1)タルト生地

  1. 薄力粉とアーモンドパウダーを一緒にふるって(ふるいにかけて、サラサラにしておくこと)おきます。
  2. ボウルに砂糖、柔らかくしたバターを入れすり混ぜます。
  3. 上2に卵黄1個を加えてバニラエッセンスも加え、さらに良く混ぜ合わせます。
  4. 上3に上1を加え、ヘラで押すように混ぜ、生地をひとまとめにします。
  5. ラップに包み、冷蔵庫で1~2時間寝かせます(生地にバターが馴染むまで半日以上寝かせると良い)。
  6. 冷蔵庫で半日休ませた場合は、生地が硬くなっているので、レンジで20~30秒ほど温めます。
  7. 上6の生地に打ち粉をふってラップとラップの間に挟み(手に付かないようにするため)、めん棒で伸ばします。
  8. 型よりも1.5㎝程度大きく伸ばして、上のラップをはがして、型をうつ伏せに乗せます。
  9. 下のラップの下に手を入れて、型をおさえながらひっくり返します。
  10. 両手で底から縁にかけて丁寧に型に押しつけて、型からはみでた生地は内側に折り込みます。
  11. 余分に型からはみ出した記事は、型の上でめん棒を転がすと取り除けます。そしたらラップを外してフォークで空気穴を開けます。
  12. 一度冷蔵庫で1時間程度休ませます。焼く前に、オーブンは180℃で予熱しておきます。
  13. 重しをして、180℃のオーブンで10分、重しを外して10分(合計20分)、きつね色になるまで焼いて、タルトは完成。

2)チーズカスタード

  1. クリームチーズは柔らかくしておきます。薄力粉はふるっておきます。
  2. ボウルにクリームチーズ、グラニュー糖を入れてすり混ぜ、卵黄、薄力粉の順に加えてその都度よく混ぜます。
  3. 鍋に牛乳、バニラビーンズ(種さやも入れます)を入れて温め、周りが沸騰し始めたら火から外します。
  4. 上2に上3を加え、ここで完全に混ざり合うようにムラなく混ぜ合わせます。
  5. 上4をこし器を通して鍋(上3で使ってた鍋)に戻して、弱火でゆっくりと、とろみをつけてゆきます。
  6. とろみがついたら火から外し、キルシュを加えてそのまま冷ましておきます。

3)ホイップクリーム

  1. ボウルにホイップクリームの材料すべてを入れて8分立てにします。

4)盛り付け

  1. タルトにカスタードを流し入れ、スプーンで表面をならします。
  2. ホイップクリームは好きなように。
  3. 好きなフルーツを盛り付けます。(我が家はもっぱら苺、グレープフルーツです)
  4. お好みで粉砂糖をふるって出来上がり。

4、反省と注意点

1)生クリームはもっとあっても良い(2倍くらい)。2倍にしたら、本当に丁度だった。
生クリームは、本来、脂肪分が40程度が良いらしいが、無いので45にしている。35と1:1で割ると良いらしい。

2)コムサのタルトみたいにするんだったら、生クリームは固めに。ただ、どうやったら固くなるのか知らないけどね。

3)カスタード(チーズ)は結構しっかり固まる。量は、このレシピで直径20cmタルトにちょうど良い。

4)オーブンは、重しを外してから15分(レシピより5分プラス)で、微妙にきつね色が入るくらいだった。それでも少し、きつね色が物足りないみたい。

5)重しの意味については謎。金魚の石や小豆、米(重しに使ったら食べられなくなる)を使う人もいる。専用の重しは、それにしか使えないのに1,400円ちょっとするので、使いたくない感じ。

6)型は、焼く際に、マーガリンを塗りました。

7)我が家は、洋酒入りのケーキを嫌うので、ブランデーやキルシュは省略。無くても美味しい。

8)バニラビーンズが手に入りにくくなりました。(近所のベニマルから消えた)無くても美味しいらしいけど。

9)このカスタードには、グレープフルーツが合う。苺だけだと(特に良い苺)、さっぱり感が出なくなる。

10)18㎝のタルト台に耐熱容器を乗せて重しにしたが、18㎝のは中の丸い板だけ使って、波の入れ物は使わないこと。タルト代に丸く跡がついて、割れやすくなる。また、乗せる耐熱容器も、本来、空焼きはダメだと思う。

11)生クリーム絞り。プラスチックの円筒状のものは、正直、使いづらい。途中で口金が変えられるのはいいけど、そこまで色んな口金は使わないし、空気が入って、使っているうちに、1回程度、失敗する。クリームを入れてフタをしているそばから先からクリーム出るし。ただ、思っていたよりは、洗いやすい。

 

   
© 柳行政書士事務所